薪ストーブの着火 外出する人の場合
一度、火を入れたらずっと薪ストーブは高温のまま 着火は一日に一度だけ ・・・ 家に誰かしらいるなら、そんな薪ストーブの使い方でしょうね。 ところが、私の様に外出してしまう人の場合は、火が消えてしまう事がしばしばです。 下の様に炎がないので、炉内の温度は下がってしまいます。 火が消えてしまう事が多い場合、サイドにドアがあると着火は楽です。 正面のドアを開けると灰がこぼれ落ちて来ることがありますが、サイドドアならそういう事はありません。 私は長い灰かき棒で奥の方の灰を手前にかき出します。 正面のドア辺りも燃え切った灰があるので、手前に寄せます。 そしてバケツに灰を出します。 灰が減ると薪を入れ易くなりますからね。 さて、これから着火していきます。 着火の時は忘れずに薪ストーブのレバーは開けて、空気が入る様にして置きますヨ。 私の薪ストーブ、セギャンにはレバーが2つあります。 両方とも空気を入れる方に操作します。 そして再び、長い灰かき棒を突っ込みます。 灰の下に熾火があるので、かき出します。 すると直ぐに赤く熱を帯びてきますね。 直ぐに熱くならない場合は、ドアを細目にあけておくと熾火は赤赤して来ますよ。 熾火の上に細い木や割りばし、その上に燃えやすい木をのせます。 すると大概は直ぐに着火しますね。 しばらく放置しても着かない場合は、火吹き竹でふいてやったりします。 再びドアを細目に開けておくと炎は大きくなり、しっかり木に火が着きます。 下の様に炎が大きくなれば、薪を入れていけますね。 そして炉内の温度を上げていくのですが、この時、クヌギなどの重い薪を入れるとなかなか温度が上がりません。 銀杏の木が重宝します。 燃えやすく、温度を上げやすいです。 以上の着火を一日の内に何度かやります。 外出の都度に火は落ちてしまいますからね。 私みたいに着火を頻繁にする人はサイドにドアがある薪ストーブを選ぶと楽ですよ。