まさかやるとは思わなかった薪狩り

本日は天気予報では午前中は曇りだったのでした。
だから、私が家を出た時は雨が降っていたのですが、止むのかと思ったのです。

でも、富士市の現地に来てみると、雨が降り続いています。
それに寒い。

今日はダメだなぁ。中止か。

そう思っていたのでした。
現地を見て回ると、魅かれるものを見つけましたよ。
雨に濡れて桜の木の切り口が綺麗でした。

今日はこれが見れただけでも来て良かったと思っていたのです。

濡れた桜の木の小口が綺麗

この桜の木を薄く切ってニスを塗って置物にでもしたら面白いかも、などと考えていたのです。

ところが ・・・

雨の中の薪狩り

雨が降っている中、薪狩りを行いましたよ。

しかも、太い木も切り出しました。

太いクスノキを切る

天気予報は全くはずれです。
雨はやむ気配はありません。

雨に濡れてドロドロになりながらの本格的な薪狩りです。

雨の中ではヘルメットが便利です。
頭が濡れないのです。

それだけでも、作業がし易くなります。

また、伐採用のヘルメットにはフェイスガードがついています。

雨で顔が濡れるのも防いでくれます。

どんどん切っていった太いクスノキ

富士山の北側ではみぞれが降ったらしいです。

普段、雨や雪であろうと鍛錬している人は天気に左右されないのですね。

雨の中、沢山切りました

・・・という事で思いもかけず、今回は薪狩りを決行しました。

おかげで少し現場が空いてきましたよ。

進捗した現地

この悪天候の中、ご参加くださいましたクラブ会員の皆さん、ありがとうございます。
お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました